未経験からIT業界を目指す方法【必要なのはやりきる覚悟】

IT業界

IT業界に行きたい人向けに、自分の経験を振り返りつつ、最適な手順を紹介します。

私自身、未経験から独学でIT業界に入りましたので、色々参考になる部分があるんじゃないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

必要なものは「やる気」と「覚悟」、そして「成果物」

IT業界に入るために必要なものは、ぶっちゃけ下記の3つだけです。

・やる気
・やる気を証明する「成果物」
・成果物を作るまでやりきるという覚悟

このあたりについて説明します。

大前提として、未経験でIT業界に入るのは難しい

大前提として、IT業界に未経験で入るのは、かなり難しいです。

「IT業界=人材不足」と言われていますが、それは「経験豊富なエンジニアが圧倒的に不足している」という意味です。

ぶっちゃけ「未経験のエンジニア志望者は余っている」というのが、現役エンジニアとして働いている身からすると正直な感覚です。

そもそも、採用者側の視点で、経験者ではなく、あえて未経験者を採用するメリットとは、なんでしょうか?

・・・ないです。

未経験者をあえて採用するメリットは、ありません。

えっ?って思うかもですが、事実です。

IT業界は新卒就活・転職ともに即戦力重視な傾向があるため、未経験者でも、経験者と同列に評価されます。

もちろん、メリットがないから採用されないというわけではなく、実際に新卒を育てて戦力にする会社は世の中にあることはあります。

ただ、それは未経験者を採用するメリットがあるからではなく、即戦力のエンジニアは奪い合いが激しいため、未経験者を採用して育てざるをえないという現実があるためです。

とはいえ、「完全未経験でも採用して育ててくれる」ことを期待するのはかなり難しいです。

そのため、未経験者でも、「経験者と同じ活躍は期待できないにしても、足手まといにはならないかな」と思ってもらえるレベルまで独学で勉強する必要があります。

「やる気」そのものは評価してもらえない

えっ、最初にやる気が必要って書いてたじゃん」って思うかもですが、やる気があることは大前提であり、やる気があるだけでIT業界の内定を取るのはかなり難しいと思います。

面接で「やる気あります」と口で言うだけでは、正直全然信じてもらえません。

IT業界では、「やる気がある人は、すでに行動している」という考え方が強いです。

「やる気があるなら、すでに勉強して何かしら作っている」という前提が面接官にあり、成果物が何もない状態で面接に行っても、「この人のやる気は口だけだな」と判断されておしまいです。

特にここ数年は優秀なフレームワークの登場によってWebサービスを作る敷居が下がっており、未経験社でもWebサービスなどを実際に作って、その成果物自体や成果物を作る過程での勉強方法を面接時にアピールするという流れが主流になっています。

そのため、成果物を作る実力がまだないのであれば、まずは転職を急ぐよりも、勉強に集中すべきです。

勉強方法について

独学の場合は、まずは言語とフレームワークを決め、その言語の勉強をしながら成果物を作るのが王道です。

よくわからなければ、下記のいずれかのフレームワークについて勉強し、その過程で成果物を作ってみることをおすすめします。

・Ruby on Rails(Ruby)
・Laravel(PHP)
・Django(Python)

これらのフレームワークは、かなり使いやすく、初心者でも勉強のハードルが低いほうです。
ただし、実際には成果物を作るためにはプログラミング言語だけでなく、データベース、サーバーなど様々な知識が必要であり、これを独学で学ぶのは結構な時間と労力が必要です。

最後までやりきるという「覚悟」が必要になってきます。

もし「勉強時間の確保が難しく、プログラミングの勉強から成果物作成までサクッと終わらせたい」ということでしたら、TechAcademyで集中的に学習するのも手です。
初歩的な勉強から、成果物の作成までちゃんと面倒を見てくれますよ。
TechAcademyの無料体験はこちら

転職活動について

実際に成果物ができたら、転職活動開始です。

転職は、大きく下記のふたつの方法で進め方があります。

・転職サイトを使って自分で進める
・転職エージェントを使って進める

どちらがよいか?はよく聞かれますが、私のこれに対する答えは「両方やるべき」です。

転職活動エージェント

転職エージェントは、転職者に対して、求人を紹介したり、面接の練習やサポートなどを無料で行ってくれるサービスです。

未経験だと、ぶっちゃけ下記のようなことってわからないと思います。

・IT業界にはどのような企業がいるのか
・どのような基準で企業を選べばいいのか
・職務経歴書はどのように書くべきか
・未経験者は面接で何をアピールすればいいのか

こういった内容を相談でき、一緒に転職を進められるのが転職エージェントです。

未経験者のIT転職に強いエージェントとしては、ワークポートが最強かなと思います。
完全無料ですし、まずは面談してみるのも手です。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

個人的には複数社のエージェントを同時並行的に利用するのがおすすめです。
単純に、意見をもらえる人の数が増えますし、紹介してもらえる求人の数も多くなるためです。

もし複数社同時に利用するのであれば、DODA、パソナキャリアあたりのIT求人を持っている総合転職エージェント大手を登録しておくのがおすすめです。
無料転職支援サービス「DODA」はこちら
無料転職支援サービス「パソナキャリア」はこちら

転職サイト

ぶっちゃけ、転職エージェントだけで転職はできるのですが、転職サイトも登録しておいたほうがいいかなと個人的に思います。

その理由は単純で、転職エージェントから与えられる求人だけで決めるよりも、自分でも転職サイトで求人を探した上で転職先を決める方が、最終的な納得度が高く、自分で探す過程でIT業界について勉強できるためです。

もちろん、転職サイトも完全無料で利用できます。

IT業界に強い転職サイトとしては、Greenがあります。
IT/Web業界に強い転職サイトGreenはこちら

最初の3年は全てを捨てる覚悟で働こう

IT企業に内定をもらったら終わり、ではありません。

もちろんIT企業に入るまでに勉強をし、とりあえずWebサービスぐらいは作れるようになっているかと思います。

しかし、あくまでこれはスタートライン。

一人前のエンジニアとして、高い年収や自由な環境を手に入れるために学ぶことはまだまだ山ほどあります。

ブラック労働を決して推奨するわけではないのですが、要は入社してからも覚えることは山積みだよ、ってことです。

とはいえ、これは一生続くわけではなく、最初の3年ぐらい頑張ればOKです。

実際、私自身もエンジニアとして転職してからは、平日は深夜まで働く日が続き、休日もコードを書いたりしていました。
ただ、3年たった今はひと段落して、プライベートを重視する生活スタイルが実現できています。

まとめ

未経験者にとっては、転職より先にまずは勉強が必要であり、他の業界よりもハードルが高いIT業界ですが、その勉強時間を割いてでもIT業界に行くメリットはかなり大きいです。

私自身、IT業界で働いていますが、年収は右肩上がりですし、下記のように働き方や生き方を自由に選択することも可能です。

・リモートワーク制度で、自宅orカフェで仕事
・裁量労働、フレックス制度で好きな時間に出退勤
・私服勤務OK
・お金が欲しい時は副業で稼ぐ
・売り手市場なので転職に困らない
・転職回数が多くてもマイナスに見られにくい
・フリーランスとして独立の道もある

もちろん、こういった生活ができるかは、就職する会社次第であり、いきなり最初からこんな生活をするのは難しいと思います。

とはいえ、IT業界では、働く場所や時間の自由、副業OKを明言している企業は結構多いです。

このあたりは下記の記事で詳しく書いています。

IT業界で働く7つのメリット【現役エンジニアが解説】

ということで、未経験者でもIT業界を目指してみるのはおすすめですよ。

おまけ:おすすめのプログラミングスクール

TechAcademy [テックアカデミー]
自宅学習がメインのスクール。講師とビデオ通話やチャット、課題レビューなどコミュニケーションが充実しており、自宅でスクール並みのサポートを受けることができます。1週間の無料体験コースもあります。
【TECH::CAMP】
教室に通って受講する形式のスクール。無料体験があるので、まずは無料体験で様子を見るのがおすすめです。60時間という短時間でのコース完結、受講生1万人超えの実績、エンジニア転職保証があります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT業界
tetraをフォローする
ガジェット探訪記

コメント

タイトルとURLをコピーしました